2005年06月11日

第1話 いきなりが多すぎ!?

こんにちは!Vespaです。
今日もいつものようにミーリムの見回り。
お、友達のテルミットが一般市民の修行を手伝ってるね。
V「こんちゃー」
T「こん〜」
修行しているのはFuyukiさんという方。
V「はじめましてー」
F「はじめまして、ふゆきと申します」
挨拶を終え、テルミットと雑談。
そんな中、
F「ちょっと修行してきます」
V,T「了解ー」
とはいえまだ一人じゃ危険そうだよね。
V「こっそり後をつけよう」
T「こっそりとは?w」
V「ピンチの時に助けるとかっこいいじゃない!」
そんな感じで2人で尾行開始。
Fuyukiさん動くねぇ・・。
むむ!アースワームに手を出している・・・!
しかし歯が立たずピンチの様子!
いまだ、登場!
ってあれ・・・はじめいた門の方に逃げてるよー!?
ワームはたおさな・・ちょまって・・
しかたなくFuyukiさんを追い、テルミットが回復魔法をかける。
門に戻った3人。
ふぅ・・・何事もなくてよかったよ。
次はゾンビに狩りに行く模様。
また尾行しよう。
そんなとき友達のAncyからテレパシーが。
A「いまなにしてます?」
V「尾行です」
A「尾行とは?」
V「一般市民がピンチの時に颯爽と現れるためです」
A「私も行っていいですか?」
V「もち」
てことでAncyも合流。
3人で1人を尾行。
っとゾンビと戦ってるねぇ。
ここなら余裕そうだ。
ピンチの時は、3人の内回復出来る2人が木の影に隠れながらヒーリング。
よしよし。
あ、あの壁の上に立つとヒーローっぽいな。
さっそく登るあたし。
V「ここに立つとヒーローっぽくない?」
その声につられ登るテルミットとアンシー。
この瞬間、萌戦隊なごむんじゃー(仮)が結成したのです!
とりあえず髪が赤いからあたしは赤。
A「紫」
アンシーは紫に決定!
基本的には裸なんだけど、たまに紫のローブを着るらしい。
T「無色がいいなぁw」
はい無色決定!
テルミットは消えることが出来るの。
さっそく透明になってご飯を食べてるよw
っとゾンビが来た。
V「ご飯の邪魔をするなー!」
あたしのブレインストライクでゾンビを一蹴。
そんなとき友達のCantarellaが現れる。
V「カンタはシルバーとブラウンどっちがいい?」
C「シルバー」
ということで銀に決定。
少し強制的だけど気にしなーい。
C「ゾンビを連れてくる」
おお、気がきくねー。
修行の手伝いですか。
頑張れーふゆきさん。
っとちょっとピンチになってきたかな。
ちょ・・・
ゾンビわんさか
カンタ連れてきすぎじゃない?
ふゆきさんどころかこっちもピンチ・・
待って、まだ登場シーンやってないよ!?
V「なごむんじゃーさんじょ・・・」
ああああアンシー死んじゃった!?;
もう登場シーンいいや・・!
アンシーがいないと戦力が・・・。
でもさすが、死んでも生き返る魔女。
魔法でなぎ倒せー。
V「カンタめ、寝返ったか!」
C「フフフ」
いきなり1話で寝返るシルバー。
ちっくしょー。
テルミットご飯早く終わらせて・・・!;
あたしも空手で一匹ずつ倒す。



死闘が終わった・・・。
あたしたちの前に広がる死体・・。
テルミットがふゆきさんにリザをかける。
それにしても・・カンタの裏切りはうかつだったわ!
第1話から裏切るってなに!?
第1話から登場シーン失敗するし!
ふゆきさんも助けられたことを機になごむんじゃーブラックとして入隊!
いきなりがいっぱいだー。
ま、リザさえあれば万事解決!
これからもミーリムの平和のため、ちょっと高めから見守って行くぞー!
今日は見守りすぎちゃったけどね☆
posted by Vespa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦隊物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。