2005年06月15日

第5話 確保のときは気をつけろ!?

こんちゃっす!シリアルシュートで登りまくりのVespaです!
いまはホワイトの裁縫を見学中。
というかあたしのためにスカートを作ってくれてるんだ!
超ありがおとうだよー!
そろそろいまの破けそうだったからね!;
ってなうちに完成したみたい!
V「超うれしいよー」
F「よかった^^」
通信:一般市民m「迷子になっちゃった・・・汗」
※ヒーローは市民の困った声が入ってくる仕様になっています。
F「救難信号がw」
V「どこ?」
すぐに場所を聞く。
m「山の中〜」
迷ってる人の答えだ;
V「漠然すぎる・・・。まずエリアを・・・」
あたしはまだ世界に慣れてないのでぴんとこないのだ・・
m「ダーイン??」
V「ダーインか・・・あたしもよくわかんないけど・・・」
ちょっと自信がないエリアだけど・・
m「ひぃひぃ・・」
そんなことしてる間にも平和が・・・!
V「救難信号が出たら・・・」
m「おそわれるー・・・」
V「出動せずにはいられない・・!」
久しぶりに任務らしい任務で燃える!
ホワイトはまだ裁縫途中なので、
V「ホワイト行ってくるよ!」
F「はい^^」
とは言ったものの大丈夫なのか、あたし!
ダーインわかるのか!?

後半へ続く

ミーリムを駆け抜けダーインへ。
入り口には豚がたくさんだよねー・・。
ミーリムだったら簡単に見つけられそうだったのに・・・。
あれこれ考えていると、ダーインへの穴が口をあけている。
い、いざ!!;
いざダーインへ
そう、ダーインは地図がない・・・。
誰!こんなん掘っておいて地図すら作らなかったのは!
ダーインに入り、今回のターゲットmikotoちゃんをロックオン。
V「みこちゃん無事!?」
m「まだ・・・w」
まだ生きてるみたい・・!
m「ふぅ・・・安全地帯・・・」
なんとか安全な場所をみつけたみたい・・・
とはいえ、
V「まあ見つけたとしても、無事に帰れる保障はないけど・・・」
そう、あたしも迷う可能性大なのです!
とりあえず知ってる道を・・・、あ!
発見!
みこちゃん発見!
V「はけむ!」←レッドは発見のことをはけむという。
道の真ん中に座ってました。
どこが安全地帯!w
V「ホワイト、見つけたー!」
ホワイトに連絡。
しかしそこでホワイトが・・・
F「れっど〜」
V「んー?」
F「確保のときは気をつけて〜」
!!
そうだった!
V「らじゃ!確保のときが一番危険なんだよねー」
F「うんうんw」
油断は禁物だ・・・!
まわりを確認し・・・みこちゃん確保だ!
V「生存者1名!」
F「おぉ〜」
なんとか無事に確保!
ホワイトの言葉がなかったらなにか起こってたかも・・。
m「鉱夫にはおいかけられオークにはからまれ・・・」
安心したためか力が抜けるみこちゃん。
m「びぇぇぇぇぇぇ(;д;)」
とうとう泣いてしまった・・!;
m「まぢ道わかんなくて死ぬかと思ったw」
道わかんないと焦るよね・・・。
わかる、わかるよぉー。
m「まるで興味本位で木に登ったはいいが、降りられなくなった子猫・・・」
もう無理しちゃだめだぞっ。
V「いまなら道おぼえてるから早く帰ろう・・・」
みこちゃんの言葉より帰り道の方が心配だったり・・;
すたすたすたー。
一本道だったので楽々脱出〜。
ミーリムの空気が二人に触れる。
m「あぅあぅ・・・地上だー!!!」
よかったよかった。
そして目の前にはホワイトが!
あたし一人で助けに行ったから心配して見にきてくれたんだ!
駆けつけたホワイト
さすがホワイト!
F「無事脱出できたみたいだね^^」
やったよ!
そしてまたホワイトの前で泣いてしまうみこちゃん。
よしよしw
F「さて」
ん、そろそろホワイトはお休みかな。
F「もう一回入る?ww」
V「ひぃ」
m「ひぃぃぃ」
不意打ちな言葉にびびる2人。
F「というのは冗談でw」
はーよかった・・・。
m「はぁ・・・まじ怖かった・・」
そしてホワイトは休む時間。
あたしとみこちゃんもビスクへ戻りー。
今日ははじめて任務成功だね!
この調子でがんばろーっと!
posted by Vespa at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦隊物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
任務成功おめでたふー
初めてって一体結成からどれだけ時間たってるのさw
あたしもダーインで迷った経験あるので、とても他人事とは思えませんでしたわw
Posted by さるた at 2005年07月29日 02:02
ありー!
まあそのツッコミ待ちだけども・・w
地図がないと迷う!
これ普通だよね!
Posted by Vespa180SS at 2005年07月29日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。