2005年03月02日

七夕とお姉様

「美佐子様、買って参りました」
そういって使いの忍者は美佐子が掛けている机の上に紙の束を置いた。
紙幣より一回り大きい感じの紙で、色は何色もある。
「よし・・・じゃあ取り掛かるから静かにしててね」
「承知しました」
美佐子はいつも新しい魔法を生み出すときの術書に使うペンを手にとって使いの男にそう言い放った。
それを受けると忍者の格好をしている男はすぐに部屋をあとにする。
「次は寿司とあれか・・・」
そうつぶやいて男は次のお遣いにとりかかった。

蜂乃は学校の帰り道、美佐子の家に向かう途中スーパーに寄っていた。
服はもちろん制服のまま。
手に持っている籠には、1.5リットルのジュースやお茶のペットボトル、お菓子がいくつか入っている。
「あ、また新しい味のポテトチップ出てるし・・・」
そういって商品棚に並んでいるポテトチップ(柚子胡椒味)を手にとった。
「ふ〜の」
不意に名前を呼ばれ背中の肉をつままれた。
「ぎゃあああ」
蜂乃は持っていたポテトチップの袋を落とし、その場から飛びのいた。
「ふ、ふう・・;」
さっきまでポテトをもっていた方の手で、つままれた部分をなでている。
「・・・それ全部自分で食べるの?」
蜂乃が下げているスーパーの籠の中身を見て、ふうと呼ばれた少女は半眼でこちらを見ている。
蜂乃と同じ制服だ。
彼女は蜂乃のクラスメイト。よく行動を共にしている。
子どもっぽい蜂乃をいつもやさしく見守ってくれ、蜂乃は彼女をとても信頼している。
「ち、違うよ!;一人じゃない!;」
「ふぅ〜ん・・・」
とまだ疑っているような顔でにやつき、
「そんなのばっか食べるとまた・・・」
そう続けてさっき蜂乃の背中をつまんだ指を再びつまむ動作を見せてきた。
「ぐ・・・だって、新しい味が出るから・・・」
そう苦笑いして答える。
「部活で汗ながしてるからいいけどね・・でも、最近帰りはやい日があるみたいじゃない?どこいってるの?」
ふうは一連の動作で顔の前にきた長い髪を、手でかきあげ体の後ろへ回している。
「んー・・・ば、バイトかなぁ・・」
蜂乃は視線をそらした。
「なんの?」
焦っているのに気づかれたのか、ふうはまたにやっとしてすぐに続ける。
「(魔法の実験台とか言えないよねぇ・・というか信じてもらえない・・・)なんていうのかなぁ・・・研究のお手伝い・・みたいな」
正直に答える必要はないのだが、蜂乃はそれができない。
「ふ〜ん・・・・そっか!」
ふうはそこで話を切り上げた。
これ以上聞かれると、蜂乃がどうにも困ってしまうことをわかっているのだ。
「う、うん(ごめんね><いつか話せるときに話すよ・・!)」
いつかふうには話したい、それは本音だ。
「あれ、ふうはなんでここに?」
逆に聞き返した。
「私もバイトに行く途中だったんだけど、ここに入る蜂乃が見えたからw」
「なるほどー、ふうバイトなんだっけ?」
「料理の配達だよ〜、出前専門のとこ」
いつの間にかお菓子コーナーから2人はレジへ向かって歩いている。
気が付けばふうは、肩に道着入れと細長い袋をかけている。
細長い袋の中は弓。
ふうは学校の弓道部に所属しているのだ。
「じゃあまたねー!」
「じゃ、また明日ね〜」
レジを通る必要のないふうは手を振って店の出口へ向かった。
「あ!ふうー!」
それを呼び止める蜂乃。
「ん?」
「もし、七夕の短冊に願いを書くとしたらなに?」
「ん〜、『みんな仲良く』かな」
「わかった!」
笑顔で答えるふうを蜂乃は見送った。
そう、今日は七夕。
蜂乃は美佐子と一緒に星を見る約束をしている。
そして籠の中身を精算し、美佐子宅へ足を向けた。続きを読む
posted by Vespa at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 設定作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

空から贈り物

時代:現代
場所:日本
登場人物:
Vespa・・・・・蜂乃(ふの)。ある高校の2年生。部活は空手部。性格は明るく情に厚い。気合と根性は誰にも負けないとよく言う。高いところが好き。美佐子との出会いの時に、どんなところから落下しても足から着地出来るという変わった能力が身につく。美佐子の下に使えることを目標によく美佐子のところへ遊びに行く。学校ではひょんなことからレッドと呼ぶ人もいる。(ぇ
蜂乃の日記http://www.h7.dion.ne.jp/~flcl/vespa180ss.htm

MISAcrowford・・・・・美佐子。家系は代々魔法使い。夜に街中でよく実験をしている。蜂乃には「お姉様」と呼ばれ慕われる。雰囲気はお嬢様っぽいが、言うことは意外と庶民染みている。しかし行動に関しては容赦がない。その魔法力が原因で何者かに狙われている。

crowford・・・・・忍者。美佐子の御付。倉庫番から御付へ這い上がった。忍者らしい能力は身につけているが、実はその格好をしているだけという話もある。一番の特技は壁はりつき。実際美佐子に使えることを望む蜂乃に身体能力などにおいて負けているため、蜂乃にはかなりのライバル心を抱いている。

RENAcrowford・・・・・れな。美佐子の妹。魔法使いの家系に生まれたが、後を継がずに料理の道に走った。他の家族とは連絡を絶っているが、美佐子とだけは交流がある。出前専門の料理屋を開いている。その腕は確かである。

トップ
<a href=プロローグ
posted by Vespa at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 設定作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。